TOPへ
オペレッタ座
ようこそ ★オペレッタ座★の世界へ オペレッタそれは喜歌劇
笑いあり涙あり踊りありのエンターティメントショー
心に残る美しいメロディーを生の声でお届けします。
さぁあなたもオペレッタの世界へ!



6月21日(土)、四ッ谷の絵本塾ホールにてオールカールマンプログラムで
コンサートをしました。
小さなホールでしたので2回公演を企画しましたが、
昼の部がお陰様で満席となりお客様には息苦しく、
窮屈な思いをさせてしまい誠に申し訳ありませんでした。

改めてカールマンの音楽は大衆向きで、何と隙間だらけなんだろう~と実感しました。
しかしその隙間を埋める事が演奏家の仕事です。
今回初めて私達の仲間に入った吉田 敦君は私の二期会研究生(今は二期会研修所と言うらしい)の同期で、
頼んだ甲斐あって、さすが歌心満タンで
おまけに芝居もこちらが細部まで言わなくてもしっかり意図を汲んでやって頂きました。
ヴェテランはやはり違う!吉田君、感謝です。

大人のオペレッタを私達と一緒にしましょう。
とにかく子供の茶番劇が多すぎます。オペレッタは大人がしなければすべて中途半端になってしまいます。
年齢だけの事ではなく、しっかりアカデミックな世界を身に付けた者だけがオペレッタの世界に通ずるのです。

お客様の感想で(少々気恥ずかしいのですが)「大変上品なオペレッタを 聴かせて頂いきました」というお言葉を戴きました。
全て芸の上に成り立つ歌であり、台詞であり、踊りなのです。
どんなに声が出ても下品な歌は世の中に掃いて捨てる程あります。
私自身、肝に命じておかねばならぬ、大事な事だと思っております。

さて、このコンサートで驚いた事は、カールマンが好きな私の知らない方が何人かいらっしゃる事。
自己中過ぎると言われてしまうかもしれませんがとにかく驚き嬉しかったのです。
音大生のピアニストがカールマン音楽に魅了されていた事。
ホールの方が非常に興味を持って下さった事。
私に握手を求めて来た男性は「本当に来て良かった。もっともっと聴いていたかった」と熱く語って下さいました。
このコンサートを企画して良かったと思えた瞬間です。

小林晴美とコンビを組んで年数は言えませんが築き上げたものを
一部分お見せしましたが、まだまだあります。
そして山中聡子のピアノもこれも年数は言えませんが、長年演奏しておりますから
歌と息がピッタリと言う常識的なお褒めの言葉を戴きましたが、
私達の業界では当たり前の事です。
息を合わせているのではなくカールマンの音楽を個々に表現するとその様に聞こえます。

とにかくお客様の熱い視線と心に答えなければならない!
その一途な気持ちでこのコンサートを終えました。
3000円は安いと言われる方、高いと言われる方、色々いらっしゃいましたが
全てお客様の想いあってのお言葉と理解しこれからの演奏の糧にさせて頂きます。
次回はカールマンの楽譜出版に合わせてのコンサートを企画します。
どうぞお楽しみに!!

全てのお客様に感謝!!!

オペレッタ座代表 黒田晋也


IMG_4557.png


座長の思いがたっぷり詰まった 「我らのカールマン」
無事終了致しました。

昼も夜も、満員のお客様にいらして頂き、
更に、当日券をお求めになるお客様もいらしたほどでした。

皆様のご期待に添えたのか、
昼の部も夜の部も、大変な盛り上がり !!
大盛況のうちコンサートを終えることが出来ました。


本当に有難うございました。



この日に発売したCD「我らのカールマン」の売れゆきも大変よく、
コンサート後のサイン会では長蛇の列ができました。



まだCDをお求めになってない方!!
今後のコンサートでも、お求め頂けますが、
オペレッタ座にご連絡いただければ、購入可能です♪



また 7月1日の木下忠司さんコンサート -木下忠司の乾杯 歌と映画と人生を愛す
のチケットは、まだ若干残っております。
当日は、貴重な映画の上映もございます。
是非、この機会に、オペレッタとはまた一味違う世界をお楽しみください。


お問い合わせは  オペレッタ座  まで

           Tel ; 070-5079-1953
           Mail ; liebeoperetta @yahoo.co.jp










140621カールマン
大倉山記念館での「のほほんコンサート」では大勢のお客様にお越し頂きました。
しかし実は“予想に反して"でした。
なぜ“予想に反して"かと申しますと、この会場の場所にあります。
急な登り坂を10分ほど歩くという、若者も息を上げる難所に位置しています。
しかし、タクシーを使い本当に良くいらして下さいました。
出演者の関係者が殆どですが、
中にはわざわざ電話を頂き興味を持ってお越し頂いたお客様もいらっしゃいます。
感謝の気持ちで一杯です!
本当にありがとうございました!

“のほほんコンサート"と題した約5時間のコンサート。
出演者の皆様、お疲れ様でした。
オペレッタ研究会のメンバーはスタッフとしても働き大変だったと思いますが、
私達舞台に立つ者、裏方を知るという事も大事な事で必ず役に立つと思います。
歌については自分自身で振り返れば反省と後悔の気持ちになると思いますが、
その中にでも光明を見付けて下さい。必ずあるはずです。
全て反省ではなく自分の中で「これは!」と思う事も必要なのです。

コンクール関係者、劇団あらかるとの方々、ありがとうございました。
機会がありましたらまた御一緒させて下さい。

今年もお友達を誘って頂きコンクールに参加して下さい。
友達の輪が広がって行きます。私
達オペレッタ座はオペレッタの輪を作ろうと日々研鑽努力し、
一人でも仲間が増えて行けばと思っています。
アンコールで全員で歌った「花 すべての人の心に花を」は感動でした。
お客様も一緒に歌って下さり、ま
さに歌の輪が生まれた瞬間でした!

集まった募金額は\52,606。
こちらを旭児童ホームに献金させて頂きたいと思います。

ご協力ありがとうございました!
心より御礼申し上げます。

オペレッタ座代表 黒田晋也


04大倉山集合(20140420)
11月30日に行われました、我らがピアニスト榎本潤君が伴奏した「小林晴美リサイタル」。
多くのお客様に足を運んで頂きました。本当にありがとうございました。

小林は約半年前から準備を重ね、リサイタル迄に榎本君との入念な音楽作りに励み、
彼のピアノの音色と小林の新たな声と音楽の執念は
聞いているお客様にも充分伝わった事と思います。

今後ともどうかよろしくお願いいたします。


少しだけ、当日の模様をお伝えします。

1部 Wolfの歌曲が絶賛されました

1部-11部-21部-31部-4

2部前半 オーストリーの伝統衣装 ディアンドルに身を包み、
    軽やかにウィーナーリートを歌いあげました

2部-12部-2

2部後半 一変してエーデルワイスを想像させるドレスで、しっとりと客席を魅了しました

2部-32部-4

ピアニスト榎本さんと

ピアニスト榎本さんと



Before  | Copyright © ★オペレッタ座★ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ