TOPへ
2019年11月
一週間前になりました 小林晴美エンターテイメント!
稽古も佳境にはいっています。

entertaiment-1.jpg

ちょっとわかりづらいですが、
後ろの男性二人は、関係ありません。(笑)
というか、小林の演技指導をしている俳優の石井さん(右)と
今回の小林晴美エンターテイメントの企画・構成・台本を担当している代表(左)が
演技している小林と一緒に映ってます。(笑)
小林は、何か本を読んでいるようですね。
これは、どのシーンなのか??なんかワクワクしますね。

さて。今回の小林晴美エンターテイメントについて、先日 音楽現代から取材をうけ、
音楽現代 11月号に記事がのっています!
ちゃんと表紙にも名前がのっています!

音楽現代

これを読むと、今回の小林晴美エンターテイメントのコンセプトや、
誰に扮するか、
どういう曲を演奏するか、
などなど、詳しく説明されています。

そろそろ12月号も発売される頃ですが、11月号も、まだまだヨドバシカメラ.comなど
で購入可能なので、是非、購入して読んでくださいね。

ただ、せっかくなので、少しだけ内容をかいつまんで説明しますね。
今回小林が扮するのは、なんと、、、、小林晴美本人なのです!
そして、時代は、ヒトラーに迫害され退廃音楽という烙印をおされた作曲家たちの時代、
1940年前後ということです。
1940年頃に、何故、小林晴美が存在することができるのか??
どんなストーリーなんでしょうね??
どんなステージになるか??
とても楽しみですね!!

チケットは、まだまだご用意できます!
是非、お早目にお求めください。
liebeoperetta@yahoo.co.jp
FAX 042-461-8437
電話 070-5079-1953
オペレッタ座 まで!!

お待ちしております!!
スポンサーサイト



ふと気づくと、暦が11月になってしまいましたー。
少しご無沙汰してしまい、すみません。。。。

11月には、小林晴美エンターテイメントが控えています!
今回で、3回目となる女優シリーズ。
毎回、大好評を得ましたお蔭で、3回目を迎えることになりました。

前回は、シェーンベルグの奥さんの役でした。
今回のサブタイトルは、「退廃音楽とオペレッタ 悲劇的な運命は救えるか・・・」
ということで、さて、今回は、どの女性に焦点を当てるのか、、、楽しみですね!

企画・構成が黒田晋也、演出・振付が川西清彦先生、照明が矢口雅敏
は、第一回目からずっと変わりませんが、
今回は、本場ウィーンからピアニストとヴァイオリニストが来日し、共演します!
また、日本人ピアニストも、音色と音楽性が高く評価されている山岸茂人さんをお迎えします!

口コミで評判が広がっている、見どころ聴きどころ満載♪の「小林晴美エンターテイメント」
もしかしたら、この企画がこれで最後??という噂もあります。。。
くれぐれも、お見逃しのないよう、
11月23日(土)、Hakuju Hall でお待ちしております!

s_191123Kobayashi-1.jpg


s_191123Kobayashi-2.jpg


チケットのご用命は、
liebeoperetta@yahoo.co.jp
FAX 042-461-8437
電話 070-5079-1953
オペレッタ座 まで!!






 | Copyright © ★オペレッタ座★ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ