TOPへ
2019年07月
台風発生!関東直撃か?!という中、結局はほとんど雨も降らず、
逆に久しぶりの日差しもでて、暑いくらいの天候のなか、
東京文化会館のステージは、朝から外よりも熱い熱気で溢れ、夜7時半には無事終演しました。

「オペレッタ研究会はいつもトップバッターだね。面白いし盛り上がるから最後にすればいいのに」
とよく言われるのですが、(笑)
実はこれには理由があります。
オペレッタ研究会のメンバーは、出演者と同時に、この駅伝コンサートのスタッフでもあるのです。
スタージ以外では、お揃いの座Tシャツを着て、ステージ袖や楽屋やブースで走り回って働く日でもあります。
朝8時45分には集合し、ブースのセッティングから、各研究会のステージのための手伝い等をして、
その合間!に 自分たちのリハーサルや本番をこなします。
体力勝負の長い一日なんです。
ステージの最後を飾りたい!という思いはありますが
それよりも、すべての研究会が無事ステージを何事もなく終了するお手伝いがしたい!
その気持ちが強いんです。
15時半開演とともに、すぐオペレッタ研究会の出番というのは、
最初にステージをこなして、あとは、コンサートのためのお手伝いに専念するため。
こういう裏事情があるんです。
今年も、無事、特にトラブルも起こらず、すべての研究会のステージが終わったので、
とてもほっとしています。

今年の駅伝コンサートのテーマは、「祝 令和!」ということで「祝い」。
なので、オープニングとエンディングに「乾杯の歌」
(オープニングはシャンパンの乾杯、エンディングは椿姫の乾杯)を
出演者全員で歌いました。
そして、その曲が終わったと同時に、オペレッタ研究会のステージでした!
これって、実はすごいことなんですよ。
出演者全員が、曲の最後で退場し、すぐ間髪おかずにすぐオペレッタ研究会の曲が始められるのは
ピアニスト 山中聡子さんの裁量なんです!
曲の長短ができるなんて、、しかもその場で判断して、、、すご~~~い!\(^o^)/
っていつも思います。

今回のオペレッタ研究会のステージは、テーマが「祝い」ということから
「ウィーンのオペレッタはここから生まれた」ということで、
オペレッタの父と呼ばれるスッペと、フランスオペレッタの代表オッフェンバックを取り上げました。
日本では、スッペ作曲の「ボッカチオ」は、浅草オペラで大人気を博したので、
ステージところどころで、浅草オペラのときの歌詞も歌ったので、
お客さまも大喜び!(それを知ってる年代層???)

また、「美しきガラテア」では、推屋瞳が、かなり際どいドレスをきて!!
その魅力を十分に発揮し、お客様もうっとりしてました。

その後は、お馴染み「天国と地獄」から5曲。
なんといっても、「天国」の歌 グローリアでは、お客様からお手拍子もでてきて
メンバー大興奮!
「地獄」では、会場が暗転になり、真っ暗ななかで、懐中電灯を使った演出で会場がどよめき
そこから一気にカンカンへ。
どうみても、カンカンの足上げには向いてないドレスでどうするんだろう??
とお客様の?マークがみえるメンバー一同。(笑)
各自椅子をもって登場し、赤と緑の手袋して、手だけの表現でカンカンをしました!
川西先生のその発想、、、天才たる所以ですね。

いつものことなんですが、駅伝コンサートの最初はあまりお客様がいっぱいではないんです。。。。゚(゚´Д`゚)゚。
駅伝コンサートが約4時間かかるので、どうしても最初はカットされる。。。。(;д;)
なのですが、
今年の最初から来場くださったお客様は、川西先生の振付の効果もあり!
皆さんとてもオペレッタ研究会のステージを熱く応援してくださり、
一同とても感激でした。
感激のあまって、炸裂しすぎた人もいましたが。(笑)
でも、オペレッタ研究会のステージの後、ブースにわざわざいらしてくださり、
「よかったよ!」「面白かった!」「素敵でした!」「カンカン、完璧でした!」と
声をかけてくださる方がとても多かったのですから
炸裂もよかったのだと思います?!
グッズの売り上げもとても良くて、副代表もほくほくっ!(笑)

体力気力ともに、正直とても疲れる日ではありましたが、
一年に一回くらいは、こういうのもいいかもね。(笑)

毎回、オペレッタ研究会のステージのために、素晴らしい振付もしてくださる川西先生には
本当に感謝感謝です。
川西先生は、稽古の時間以外のプライベートの時間でも
私達の振付のことを考えてくださり、
最後の最後まで、ダメだしくださり、、、、、
メンバー全員本当に感謝の思いで胸がいっぱいです。

その思いをこめたコンサートが、9月17日(火)に豊洲で行われます。
これは、もう私達にとっては、大イベント!!!です。
また、すぐに告知しますね♫

今回は、集合写真はありまーす!
前半のスッペの時の衣裳 ディアンドルで。
駅伝-2

天国と地獄(カンカン)の衣裳
駅伝-1

終演後の休憩で。既に、スタッフ用の恰好になっているものもいますが。。。(笑)
駅伝-3

打ち上げ~~~
打ち合げ

では~~~~!
スポンサーサイト



昨夜、アルテリーベ7月公演、波乱万丈なひとときでしたが、(笑)
無事終了しました!

コンサートで「波乱万丈」なこと?
何が起こったの??
そのご質問、よくわかります。。。
そうですよねーーーー普通は波乱万丈なこと、、、、起きませんよね。
普通のコンサートなら。。。。
でも、うちの代表は普通じゃないので。爆

代表は考えました。
「普通のコンサートのように、袖から出て、お辞儀して、歌い始めるというのでは
音楽を感じられない!!それは声を出すだけで、音楽じゃない!!
どんな状況においても、さっと音楽を感じて、音楽を感じさせられる歌を歌うようにさせたい!!」と。
これは、まぁ、普通ですが、(笑)
そのために考えたことが普通じゃないところ。

代表が思いついたのは
「今回はプログラムを作らない!!
 伴奏用の楽譜をシャッフルして、そのイントロで、歌う人は出ていく!!」
という恐ろしいことを考え出しました。
((((;゚Д゚)))))))
メンバーのなかには、「きゃー」といって飛び出すものも現れ。。。爆
いやはや、最初から最後まで、次は何をするのか、、、、ずっと予想しているメンバー一同。
緊張しましたーーーーー(=゚ω゚)ノ

メンバーがビビりまくっているのがわかった代表は、さらに普通じゃないことを考え付きました。。。。
なんと、本来のプログラム予定曲になってない曲も、突然やるとステージ上で言い放つこともし、
いきなりメンバーの数名を呼びあげ、ステージに立たせ、躍らせるというシーンもあり。。。。
幸か不幸か?駅伝の曲だったので、まぁ対応は出来ましたが
衣裳が本番のものと違い、長いドレスだったので、足にドレスが絡まるし
メンバーの一人は、本来の立ち位置でないため、左右逆の振りをすることになったり
おまけに狭いステージの上にある様々な道具、マイクスタンドなどにぶち当たりそうになったり、で
大汗かいた人もいましたーー 💦

でも、その緊張感のお蔭か、
ステージに良い効果を与えたようで、
お客様がとても楽しんでいられたのを肌で感じられました。
第二ステージの最後は、駅伝コンサートの目玉の演目「天国と地獄」から二曲
演奏しましたが、
様々な仕掛けのお蔭もあり、とても盛り上がりました!

メンバーには、あり得ないひとときでしたが、
お客様と代表は大喜び!!大満足!!
なので、メンバーも最終的には「お客様が喜んだのだから、仕方ない」と落ち着きました?!

狭いステージに全員のるのか?という疑問もありましたが
意外と全員すんなりおさまり、逆に壮観だったそうです。よかったぁ。(*^_^*)
ただ、こんな感じでずっとバタバタだったので、また写真がありません。。。
クレームは代表までお願いします。(笑)

明日はいよいよ!!駅伝コンサートです。
なんと台風が発生してしまったので、進路が心配ですが、
皆様、是非、足元には注意してお出かけください!!
当日券もあります!!
オペレッタ研究会はトップバッターですから
15:30には、東京文化会館にお越しください!!
昨日のアルテリーベで手ごたえは感じています!
とても素晴らしいステージになること、間違いなし!!です♪
よろしくお願い致します。


駅伝の稽古も佳境に入ってきました!
連日、梅雨のジメジメを吹き飛ばすように、熱い日々が続いています。
ブログの更新したくても、時間がないーーーー(;_;)
気づくと、アルテリーベの本番の日の二日目。。。。。
間際のご案内で申し訳ないです・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

今週末は、ご存知のように駅伝コンサートですが、
その前々夜祭!ということで、駅伝出演者全員で、アルテリーベに出演します!

アルテリーベ7月縮小

きっと、ステージ上がメンバーで一杯になり、満員電車状態になることでしょう。(笑)

曲も、今回はウィーンものだけでなく、
今回の駅伝は、オッフェンバックなども取り上げるので、
駅伝の演目も少しだけ、ご披露します。
なんといっても、駅伝でも目玉の演目 「天国と地獄」のカンカンもやっちゃいます!
ほぼほぼ、駅伝と同じ振り付けです。
さぁ、川西先生は、どんな振りをつけたでしょうか???
言いたいけど、書きません。(笑)
うふふ。
お客様が、大喜びになるだろうなーーーーと私達も今からワクワクです♫

駅伝の演目のほか、いつも通りウィーンものもやっちゃいます!
盛りだくさんのプログラムになっております。
美味しいビールやワインとともに、私達の歌をお楽しみください。

今回、有難いことに、ご予約がたくさん入っており、
ほぼほぼ満席に近くになっております。
いらっしゃる場合は、オペレッタ座もしくはアルテリーベにご予約をお願い致します。








梅雨のじめじめした毎日が続きますね(=゚ω゚)ノ
風邪や胃腸炎が流行っているようですが、皆様はいかがでしょうか?
私達メンバーは、毎日元気に活動してます!!
駅伝の稽古も始まり、わくわくの毎日です♪

色々な企画が並行して進行するなか、
「二期会研究会駅伝プレミアムライブ~令和の至福なひととき」
七夕の日に、無事終演しました!

今回は、
ドイツ歌曲研究会から岩見真佐子さん
日本歌曲研究会から綱川立彦さん
ロシア東欧オペラ研究会から牧野舞子さん
そして、ピアニストは山岸茂人さんと座のピアニスト山中聡子ふたり!
という豪華なメンバーをお迎えして、
代表・副代表とともに駅伝コンサートに先立ち、演奏しました。

お客様も満員で、雨のなか、早くからご来場頂き、
本当に感謝感謝です。

岩見さんの繊細なドイツリートの表現を
山岸さんの華麗なるテクニックと美しいピアノの音色が引き立て
両者の音が混じりあったひとときは、本当に素晴らしく
お客様もうっとりされていた方が多かったです。

綱川さんも、御年〇歳?とは思えない重厚で力強い演奏!
そのうえ、代表と演じた「ドロボウのうた」では、
客席は大ウケ!(^∇^)
二人とも、大満足!!(爆)
代表は「これは、もう綱川さん以外とはやらない」宣言までしてました。(笑)

牧野さんは、ロシアに留学されていたときの経験などMCではさみつつ、
ロシア語の捌きをとても素晴らしく♪歌ってくださいました。
曲も、知らない曲ばかりでなく、歌声喫茶などで親しまれている「黒い瞳」などもはさんでくださったので
ロシアの独特な雰囲気をもつ曲たちに、お客様も引き込まれていました。

最後は、お客様と一緒に「一週間」を振りつきで歌い、
最初から最後まで、お客様の笑顔に包まれたひとときでした。

今回は写真が全然のせられず、ごめんなさい(;_;)
とっても張り切って写真撮ったんですが、
スマホの不調で、全部、、、、削除されてました。。。。。涙
代表と綱川さんのドロボウ、お見せしたかった。。。。。
本当にごめんなさい!!!

拙い文章で、雰囲気が伝わることを、、、七夕に願って。
Auf wieder sehen!!


先日お知らせした二期会研究会駅伝コンサートを控え、
オペレッタ座では、以下のようなコンサートを企画しました!

その名も「二期会研究会 駅伝プレミアムライブ」
副題に、「令和の至福なひととき」
ということで、駅伝コンサートに今年出演する9研究会のうち、
ドイツ歌曲
日本歌曲
ロシア東欧オペラ・ロシア歌曲
からの代表の方をお招きする、という企画です。


ミケーレちらし


演奏予定曲も、
シューベルトの「野ばら」やR.シュトラウスの「セレナーデ」
から、ロシア民謡の「黒い瞳」
など、お馴染みの曲から、
オペレッタまで、
とても内容の濃い、まさに「至福なひととき」をお届けします♪

しかも、このレストラン「サン・ミケーレ」のご飯はとても美味しいんです♪
(私達もコンサート後の打ち上げで食べたりするんですが、もうどれもお勧め!!(笑))
このサンミケーレのランチ(フルコース)つきで、
音楽料・税すべて込みの 7,500円はとてもお得です!

7月7日(日) 七夕の午後 12時半開場 
そのままランチをお召し上がり、14時頃から演奏開始です。

お客様にもとても人気のコンサートで、
有難いことに、もう残席が僅かになっております。
要予約のコンサートですが、お申込みは大至急!!お願いします。

オペレッタ座
tel.070-5079-1953  fax.042-461-8437
mail: liebeoperetta@yahoo.co.jp 

 | Copyright © ★オペレッタ座★ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ