TOPへ
★活動の記録
オペレッタ座
ようこそ ★オペレッタ座★の世界へ オペレッタそれは喜歌劇
笑いあり涙あり踊りありのエンターティメントショー
心に残る美しいメロディーを生の声でお届けします。
さぁあなたもオペレッタの世界へ!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川南の二ューイヤーコンサート、副代表の小林晴美と出演して今年で5回目となりました。
昨年の4回目から私が台本を書いてオリジナルオペレッタを短期間で仕上げるという苛酷な舞台に発展しています(笑)

今回は、昨年の11月に宮崎県出身のオペレッタ座メンバー森山由美子のミニリサイタルがあり
宮崎を訪れ川南にも足を伸ばし事前練習が出来ました。
この稽古には私と小林、そして手伝いに、ただ今旦那の転勤でアメリカテキサス州在住の松本麻希子を連れて行きました。

台本はまだ未完成、全員が台詞を言う約束なのでまずはそれを作ろうとしている所へ、
翌日町のイベントで歌うからとその振り付けもしなければならず、盛り沢山の稽古になりました。
まずは振り付けの時のお話しから…松本が初の振り付け助手を勤めました。
戸惑いがあったでしょう。やや顔がひきつっていました(笑)
向かい合ってやるのですから子供達とは逆、鏡に映っているように踊るのです。
これがなかなか難しく、慣れるまで良く間違っていました。
そうすると子供達から「アメリカのおばさん、間違ってる」と厳しい駄目出しを受け、
尚且つ帰る時には「ねぇ、アメリカのおばさんのスーツケースどれ?」と聞かれ、
そのスーツケースを教えると「エボラだ、エボラだ」と囃し立てられる始末。
でも松本は落ち込む事もなくさばさばと子供達とやり取りし楽しそうにして和やかな光景に安堵しました。

翌日のイベントは「軽トラ市」と言って、軽トラックに農作物や食べ物を乗せ販売するものでいつもは人通りの少ない道に軽トラックと人が溢れ驚きました。
そこの特設ステージで子供達と私達で歌い踊りました。
小林は青年3人にリフトされ、まるでディズニーランドのシンデレラの様に中央で輝いておりました。
前にマイクはありましたがほぼ生の声で歌って、
まずこんな事をしているクラシック歌手は我等だけだと思いますが、
意外と楽しいものなのです。陽射しの眩しい本番でした。

さぁ、川南のオリジナルオペレッタ「勇気を出してレッツゴー!!」の本番の様子をお伝えしましょう。
物語は昨年の続きなので主人公の天馬君は昨年の森敏樹君と成長した天馬を演じる高橋映穂君です。
まず6年生の敏樹君。とにかくしっかりしてる!!劇中でブラームスの子守唄を原語のドイツ語で歌い、相手役の台詞も覚えていて母親役の小林はタジタジでした。美しいボーイソブラノの持ち主。でも来年には声変わりしているかもしれませんね。
そしてもう一人の天馬、映穂君は高校生。稽古の初めは照れがあったようですが小林とは本当の親子の様にぴったりで、2人でカレーを食べながらのシーンは圧巻でした。

他のキャストも良くやってくれました。
森山由美子と佐藤恒久君の若夫婦役はドカンドカンと笑いを取っていましたし
小林の旦那役、樋口智明君は芝居に目覚めたのか某T薬品の研究者とは思えぬほどの演技力でした。

そして最後に、今回このオペレッタにオリジナルの曲が生まれた事をご報告します。
「夢をあきらめないで」題名はどこかで聞いた事があるかもしれませんが(笑)、
素晴らしい曲に仕上がりました。
作曲は我らが榎本潤君。いつも私達のステージを盛り上げてくれるピアニストで川南の子供達に歌の素晴らしさを伝えている指導者です。
この曲を世の中に広めたいと思っています。
オペレッタ座のステージでも演奏しますので楽しみにしていて下さい。

夢をあきらめないで~私達オペレッタ座も夢を持ち続け前進して行きたいと心から思った川南のステージでした。

みんなありがとう!お世話になったスタッフ、ご父兄の皆様に心より感謝致します!!来年は何が起こるか楽しみです。

オペレッタ座代表 黒田晋也
スポンサーサイト
年明け6日というまだ正月気分満載の日、
二年続けてこの寒い環境の中、
私達3人は頑張っておりました。
と言うのも、このステージが外とも内とも言えない場所、
そして間違えなくお客様はコート着ている…
私はワイシャツの中にヒートテックを着ているのでまだマシですが、
ドレスで肩が出る小林晴美は去年の極寒を思いだしファーのボレロを準備しました。
勿論榎本潤君はホカロンです。
でもこの男どこまで私を驚かせるのか…「寒さで手がかじかむ~」と言いながら
電子ピアノでここまで音楽的に弾けるのかと感心させられました。

さて、コンサートはいつもの通りに進んで行きました。
昨年に引続き聞きにいらしているお客様。とにかく楽しそう。
コンサートを聞きに来たのかMCを笑いに来たのかわからないほど笑いの絶えない一時間でした。
小林は寒さ対策のファーも結局踊るには邪魔らしく脱いでしまい、
そんな事にも拍手が起きるほどで、まさに新年早々オペレッタならではの雰囲気に私達の気分も上昇し、
終演後には主催者より「また来年も!」というお言葉を頂き幸先の良い年明けとなりました。
さぁ、今年も一年頑張ります!!

音楽に感謝!お客様に感謝!

オペレッタ座代表 黒田晋也


写真はオープニング。この時は小林は長袖のドレスでした
アゼリア-2

アゼリア-1
年末という事もありお客様の動員には苦労しましたが、
出演者の協力もあり無事に終える事が出来ました。

今回は演劇スクールの方々にナビゲーターとして共演して頂き、
第一部はお芝居仕立てにしてみましたが如何でしたでしょうか?
オペレッタを楽しもうといらしたお客様にはやや理解しにくい部分があったかもしれません。

オペレッタの性格、それは歌、踊り、芝居の三つの要素の上において
喜劇であり笑いと共にある事です。
この様な事を色々な所でお話したり実演している事が
最近少しずつ実って来ている様な気がしますが、
昼公演では踊りの部分で手拍子が無く盛り上がりに欠けてしまいました。
夜公演ではちょっと皮肉っぽく手拍子をお願いします…と言いましたら最後は大変盛り上がり、
一回下ろした緞帳をまた上げる事になったのです。
その時の映像がご覧頂ける様になってますが、まさにこれがオペレッタの形なのです。
公演のクオリティーとしては両ステージ共そんなに変わりはないのですが、
お客様を少しだけ“いじる"(業界用語ですみません)事により
ステージのクオリティーが上がった様に見える。
オペレッタの醍醐味!!
エンターティメントの基本!!
お客様と共にある舞台表現です。

どうすればお客様に喜んで頂けるのか、これからもこれを追及し精進して行きたいと考えます。
今年、このコンサートがあるかどうかはわかりませんが、
また手を変え品を変え皆様の前で素晴らしいオペレッタをお見せしたいと思います。
どうぞ、御期待下さい!!

オペレッタ座代表 黒田晋也

2015年1月

<追記>
公演のフィナーレ部分を、こちらのサイトでご覧いただけます。
以下のアドレスを、コピーペーストして、ご覧ください。

<地獄への楽しい旅〜ボッカチオ〜ウィーン気質>
https://www.youtube.com/watch?v=uPToDh_3LUA&list=UUr1aglpIC_SU18WTf3BLj9w


6月21日(土)、四ッ谷の絵本塾ホールにてオールカールマンプログラムで
コンサートをしました。
小さなホールでしたので2回公演を企画しましたが、
昼の部がお陰様で満席となりお客様には息苦しく、
窮屈な思いをさせてしまい誠に申し訳ありませんでした。

改めてカールマンの音楽は大衆向きで、何と隙間だらけなんだろう~と実感しました。
しかしその隙間を埋める事が演奏家の仕事です。
今回初めて私達の仲間に入った吉田 敦君は私の二期会研究生(今は二期会研修所と言うらしい)の同期で、
頼んだ甲斐あって、さすが歌心満タンで
おまけに芝居もこちらが細部まで言わなくてもしっかり意図を汲んでやって頂きました。
ヴェテランはやはり違う!吉田君、感謝です。

大人のオペレッタを私達と一緒にしましょう。
とにかく子供の茶番劇が多すぎます。オペレッタは大人がしなければすべて中途半端になってしまいます。
年齢だけの事ではなく、しっかりアカデミックな世界を身に付けた者だけがオペレッタの世界に通ずるのです。

お客様の感想で(少々気恥ずかしいのですが)「大変上品なオペレッタを 聴かせて頂いきました」というお言葉を戴きました。
全て芸の上に成り立つ歌であり、台詞であり、踊りなのです。
どんなに声が出ても下品な歌は世の中に掃いて捨てる程あります。
私自身、肝に命じておかねばならぬ、大事な事だと思っております。

さて、このコンサートで驚いた事は、カールマンが好きな私の知らない方が何人かいらっしゃる事。
自己中過ぎると言われてしまうかもしれませんがとにかく驚き嬉しかったのです。
音大生のピアニストがカールマン音楽に魅了されていた事。
ホールの方が非常に興味を持って下さった事。
私に握手を求めて来た男性は「本当に来て良かった。もっともっと聴いていたかった」と熱く語って下さいました。
このコンサートを企画して良かったと思えた瞬間です。

小林晴美とコンビを組んで年数は言えませんが築き上げたものを
一部分お見せしましたが、まだまだあります。
そして山中聡子のピアノもこれも年数は言えませんが、長年演奏しておりますから
歌と息がピッタリと言う常識的なお褒めの言葉を戴きましたが、
私達の業界では当たり前の事です。
息を合わせているのではなくカールマンの音楽を個々に表現するとその様に聞こえます。

とにかくお客様の熱い視線と心に答えなければならない!
その一途な気持ちでこのコンサートを終えました。
3000円は安いと言われる方、高いと言われる方、色々いらっしゃいましたが
全てお客様の想いあってのお言葉と理解しこれからの演奏の糧にさせて頂きます。
次回はカールマンの楽譜出版に合わせてのコンサートを企画します。
どうぞお楽しみに!!

全てのお客様に感謝!!!

オペレッタ座代表 黒田晋也


IMG_4557.png


座長の思いがたっぷり詰まった 「我らのカールマン」
無事終了致しました。

昼も夜も、満員のお客様にいらして頂き、
更に、当日券をお求めになるお客様もいらしたほどでした。

皆様のご期待に添えたのか、
昼の部も夜の部も、大変な盛り上がり !!
大盛況のうちコンサートを終えることが出来ました。


本当に有難うございました。



この日に発売したCD「我らのカールマン」の売れゆきも大変よく、
コンサート後のサイン会では長蛇の列ができました。



まだCDをお求めになってない方!!
今後のコンサートでも、お求め頂けますが、
オペレッタ座にご連絡いただければ、購入可能です♪



また 7月1日の木下忠司さんコンサート -木下忠司の乾杯 歌と映画と人生を愛す
のチケットは、まだ若干残っております。
当日は、貴重な映画の上映もございます。
是非、この機会に、オペレッタとはまた一味違う世界をお楽しみください。


お問い合わせは  オペレッタ座  まで

           Tel ; 070-5079-1953
           Mail ; liebeoperetta @yahoo.co.jp










140621カールマン

 | Copyright © ★オペレッタ座★ All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。