TOPへ
オペレッタ座
ようこそ ★オペレッタ座★の世界へ オペレッタそれは喜歌劇
笑いあり涙あり踊りありのエンターティメントショー
心に残る美しいメロディーを生の声でお届けします。
さぁあなたもオペレッタの世界へ!



大変遅くなりましたが・・・・・

  明けましておめでとうございます

   本年も、オペレッタ座への応援をよろしくお願いします!!


さて。先日 19日に東京オペラシティにあるリサイタルホールにて
ウィーンオペレッタコンクール入賞者コンサートが行われました!
たっくさんのお客様に温かい声援を頂き、
コンクールに入選・入賞した方々の演奏も、とても素晴らしいものでした。
特に、アマチュア部門の方々の演奏は本当に素晴らしかったです!
コンクールの時のような緊張がないから??かわかりませんが、(笑)
のびのびした歌声で、どの方も心から楽しんで歌っていらっしゃるのが、よくわかりました。

そして、このコンサートの最後は、オペレッタ座のステージがあり、
代表・副代表をはじめ、赤澤・茂木・森山・渡辺そして、近藤が演奏しました。

春の声を、渡辺・森山・茂木の三人が歌い分けることで始まったオペレッタ座のステージ。
その後も、ソロや三重唱などを沢山お届けしました。
演目としては約10曲ほどお届けしましたが、
お客様がとても喜んでくださっているのが感じられ、
あっという間のステージに感じました。

終演後のロビーで、
「オペレッタって楽しいのね!」
「オペレッタ座のステージ、よかったわ!!」
等と声をかけて頂け、メンバー全員、とても安堵しています。

今年も、オペレッタの楽しさを少しでも多くの方々にお届けするべく
メンバー一同、切磋琢磨しようと誓った一日でした。









スポンサーサイト



アルテリーベ12月「オペレッタ座のクリスマス」公演、暖かいお客様に応援いただき、
無事終演致しました!

今回も最初はディアンドルで、ウィーンものを。

アルテリーベ1

最初は、「ウィーンわが夢の街」から始まり、
各自のソロへと移ります。

代表は、相変わらずのノリノリなステージ。(笑)

アルテリーベ2

客席で歌うのは、いつものこと。(笑)

アルテリーベ3

クリスマスソングに、トナカイの被り物をつけますが、
何か、、、、つけ方が・・・・・・(笑)
はしゃぎすぎなんですけど。。。。

副代表は、いつものように華麗に歌い踊ります。

アルテリーベ5

ハンガリーの衣裳で、「こうもり」よりコルンゴルド版のチャルダッシュを歌ったりもしました。

アルテリーベ6小

そして、クリスマスなので、サンタ帽もかぶってクリスマスソングをお届けしたりしました。

アルテリーベ4

赤澤・福島・茂木も、ソロのほか、
クリスマスなので讃美歌を歌ったり、

アルテリーベ9

最後は、カールマンをフリンジで!!

アルテリーベ10小

がんばりました!

今回は、ピアノに山中聡子のほか、藤井茉里奈も出演しました。
(讃美歌の写真をみてみてください!)

実は、このアルテリーベのステージは、これで最後になります。。。。
アルテリーベのステージは、普通のコンサートなどと違い、
お客様との距離が近く、お客様の反応を肌で感じられるので、
メンバーにとっても、本当に良い勉強の場でもありました。
これで終わってしますのは、ちょっと残念ではありますが、
また、2020年から新たな気持ちで、前進したいと思っています。

今年一年も、お世話になりました。有難うございました。
これからも、オペレッタ座への応援をよろしくお願い致します。

皆様、良いお年をお迎えください。

小林晴美エンターテイメント、タイトルのように、大盛況のなか終演致しました
(もう一ヶ月前のことになりますが・・・・(^^;)
お越しくださった皆様、本当に有難うございました。

客席は、ほぼ満席状態!開演前から熱気に包まれていました。
昨年いらして下さったお客様の中には、昨年あまりに感動され、新しいお客様を連れてきてくださったり、、
ということもあったとか。
有難いことです。。。。感謝しかありません。。。

第一部の最初は、ロベルト・シュトルツのメドレーで始まりました。

エンターテイメント-1小

真っ白なドレスで登場した際から、客席は盛り上がりました!
シュトルツの心地よいメロディーに、川西先生が振付した動きがピッタリ合って
客席が魅了されました。

そして、ズィーゲルド(Vn)とコックス(pf)による演奏の後、女優シリーズに突入します。
女優シリーズ、第一回目は、シェーンベルグの妹オッティーリエ、
第二回目は、コルンゴルドの妻ルーツィを演じてきましたが
今回、女優シリーズ第3弾では、小林晴美自身が過去にタイムスリップし、
謎の歌手「ハミル」を演じました。
宝塚の男役を連想させるしかも、時代を感じさせる型のタキシードで登場。
そして、そのまま、近現代ドイツ歌曲の演奏会を行います。

エンターテイメント-2小

演奏によっては聴く方も難解な近現代ドイツ歌曲を、
情感たっぷりに歌い上げる小林晴美の演奏を
それを素晴らしく奥行のある音色のズィーゲルドのヴァイオリンとコックスのピアノが支え
陰影さもある奥深い空間が生まれました。

休憩をはさみ、次は、クルト・ヴァイルとドイツ映画。
クルト・ヴァイルといえば、「三文オペラ」が有名ですよね。
その「三文オペラ」から一番有名な「マック・ザ・ナイフ」などを「ハミル」としてお届けしました。

エンターテイメント-3小

川西先生がデザインしたドレスと振付が、
クルト・ヴァイルのもつ重厚な音楽とマッチして素晴らしいものになりました。

そして、最後は、「お婆ちゃん」が登場して、カールマンの世界へと誘いました!
この写真がなくて、ごめんなさい!!
このカールマンのときのドレスは、やはり川西先生がデザインしたもので
とても美しいグリーンのドレスでした。
あまりの美しさに、お客様の中からため息が出たほどでした。

そして、アンコールではまた着替えして、初回から着ているピンクのフリンジ衣裳で
「キャバレー」「アメリカン・ドリーム」などをお届けしました。

お客様は、最初のシュトルツから沸いて、
沢山の拍手を送ってくださいましたが、
アンコールでも沢山の手拍子をしてくださり、
会場がとても盛り上がりました。
終演後のロビーは、お客様がいつまでも余韻に浸ってくださるように残っていました。

プログラムに小林本人が、「正直、歌、踊り、芝居の一人舞台想像以上に過酷」と書くほど
本当に大変なプログラムではありましたが、
あのようにお客様に喜んで頂き、本人もとても充実した気分だと思います。

本当に有難うございました。

さて!!
大切なお知らせがあります。
プログラムにも来年の小林晴美リサイタルについて記載していますが、
その日時に変更があります!!!

正しくは、

  11月14日(土) 18:00開演


です!
すでに、スケジュール帳に記述された方、お手数ですが、変更お願い致しますm(__)m

ここだけの話、どうやら普通のリサイタルでなく、またまたエンターテイメントな感じでやるようです。
内容は・・・・・お楽しみに♪


これからも、小林晴美、またオペレッタ座への応援、よろしくお願い致します。




すこうしご無沙汰してしまい、申し訳ございません。。。"(-""-)"

小林晴美エンターテイメント、無事、そしてお客様に大変喜んで頂いて終了致しました!!
このご報告の記事は、また追ってアップさせて頂きます♪

今日は、2日後に迫った 「オペレッタ座のクリスマスコンサート@アルテリーベ」 の宣伝をさせてください!

アルテリーベ


こちらのコンサート、コース料理とワンドリンク付きの豪華なコンサートとなっています♬
素敵なコース料理も食べられ、その上、オペレッタ座のクォリティの高いステージ付きで
なんと 7,700円!!
これはお得ですよね?!

出演メンバーも 
代表・副代表のほか、 赤澤 舞・推屋 瞳・茂木真由美に福島明日香と 豪華なメンバーになっております。
重唱もたくさんあるようです。
代表がまた色々策を練っているようですから、本当に楽しみです。(笑)

実は、、、、このコンサートをもって、アルテリーベでの出張コンサートは最後になります。。。。。
なので!!
くれぐれも、この最後の機会を逃さず、、、是非、アルテリーベにお越し下さい。

12月13日(金)
開場は18:30 お食事開始が19:00、そして、コンサートは19:30からとなっております。

こちらのコンサートは、予約必須ですので、
今すぐ!オペレッタ座もしくはアルテリーベに ご予約をお願い致します!!

オペレッタ座 
  Tel 070-5079-1953
Mail liebeoperetta@yahoo.co.jp

それでは、金曜日アルテリーベにてお待ちしております💛



一週間前になりました 小林晴美エンターテイメント!
稽古も佳境にはいっています。

entertaiment-1.jpg

ちょっとわかりづらいですが、
後ろの男性二人は、関係ありません。(笑)
というか、小林の演技指導をしている俳優の石井さん(右)と
今回の小林晴美エンターテイメントの企画・構成・台本を担当している代表(左)が
演技している小林と一緒に映ってます。(笑)
小林は、何か本を読んでいるようですね。
これは、どのシーンなのか??なんかワクワクしますね。

さて。今回の小林晴美エンターテイメントについて、先日 音楽現代から取材をうけ、
音楽現代 11月号に記事がのっています!
ちゃんと表紙にも名前がのっています!

音楽現代

これを読むと、今回の小林晴美エンターテイメントのコンセプトや、
誰に扮するか、
どういう曲を演奏するか、
などなど、詳しく説明されています。

そろそろ12月号も発売される頃ですが、11月号も、まだまだヨドバシカメラ.comなど
で購入可能なので、是非、購入して読んでくださいね。

ただ、せっかくなので、少しだけ内容をかいつまんで説明しますね。
今回小林が扮するのは、なんと、、、、小林晴美本人なのです!
そして、時代は、ヒトラーに迫害され退廃音楽という烙印をおされた作曲家たちの時代、
1940年前後ということです。
1940年頃に、何故、小林晴美が存在することができるのか??
どんなストーリーなんでしょうね??
どんなステージになるか??
とても楽しみですね!!

チケットは、残り僅かになっております。
是非、お早目にお求めください。
liebeoperetta@yahoo.co.jp
FAX 042-461-8437
電話 070-5079-1953
オペレッタ座 まで!!

お待ちしております!!

 | Copyright © ★オペレッタ座★ All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ