TOPへ
オペレッタ座
ようこそ ★オペレッタ座★の世界へ オペレッタそれは喜歌劇
笑いあり涙あり踊りありのエンターティメントショー
心に残る美しいメロディーを生の声でお届けします。
さぁあなたもオペレッタの世界へ!



梅雨のじめじめした毎日が続きますね(=゚ω゚)ノ
風邪や胃腸炎が流行っているようですが、皆様はいかがでしょうか?
私達メンバーは、毎日元気に活動してます!!
駅伝の稽古も始まり、わくわくの毎日です♪

色々な企画が並行して進行するなか、
「二期会研究会駅伝プレミアムライブ~令和の至福なひととき」
七夕の日に、無事終演しました!

今回は、
ドイツ歌曲研究会から岩見真佐子さん
日本歌曲研究会から綱川立彦さん
ロシア東欧オペラ研究会から牧野舞子さん
そして、ピアニストは山岸茂人さんと座のピアニスト山中聡子ふたり!
という豪華なメンバーをお迎えして、
代表・副代表とともに駅伝コンサートに先立ち、演奏しました。

お客様も満員で、雨のなか、早くからご来場頂き、
本当に感謝感謝です。

岩見さんの繊細なドイツリートの表現を
山岸さんの華麗なるテクニックと美しいピアノの音色が引き立て
両者の音が混じりあったひとときは、本当に素晴らしく
お客様もうっとりされていた方が多かったです。

綱川さんも、御年〇歳?とは思えない重厚で力強い演奏!
そのうえ、代表と演じた「ドロボウのうた」では、
客席は大ウケ!(^∇^)
二人とも、大満足!!(爆)
代表は「これは、もう綱川さん以外とはやらない」宣言までしてました。(笑)

牧野さんは、ロシアに留学されていたときの経験などMCではさみつつ、
ロシア語の捌きをとても素晴らしく♪歌ってくださいました。
曲も、知らない曲ばかりでなく、歌声喫茶などで親しまれている「黒い瞳」などもはさんでくださったので
ロシアの独特な雰囲気をもつ曲たちに、お客様も引き込まれていました。

最後は、お客様と一緒に「一週間」を振りつきで歌い、
最初から最後まで、お客様の笑顔に包まれたひとときでした。

今回は写真が全然のせられず、ごめんなさい(;_;)
とっても張り切って写真撮ったんですが、
スマホの不調で、全部、、、、削除されてました。。。。。涙
代表と綱川さんのドロボウ、お見せしたかった。。。。。
本当にごめんなさい!!!

拙い文章で、雰囲気が伝わることを、、、七夕に願って。
Auf wieder sehen!!


スポンサーサイト
先日お知らせした二期会研究会駅伝コンサートを控え、
オペレッタ座では、以下のようなコンサートを企画しました!

その名も「二期会研究会 駅伝プレミアムライブ」
副題に、「令和の至福なひととき」
ということで、駅伝コンサートに今年出演する9研究会のうち、
ドイツ歌曲
日本歌曲
ロシア東欧オペラ・ロシア歌曲
からの代表の方をお招きする、という企画です。


ミケーレちらし


演奏予定曲も、
シューベルトの「野ばら」やR.シュトラウスの「セレナーデ」
から、ロシア民謡の「黒い瞳」
など、お馴染みの曲から、
オペレッタまで、
とても内容の濃い、まさに「至福なひととき」をお届けします♪

しかも、このレストラン「サン・ミケーレ」のご飯はとても美味しいんです♪
(私達もコンサート後の打ち上げで食べたりするんですが、もうどれもお勧め!!(笑))
このサンミケーレのランチ(フルコース)つきで、
音楽料・税すべて込みの 7,500円はとてもお得です!

7月7日(日) 七夕の午後 12時半開場 
そのままランチをお召し上がり、14時頃から演奏開始です。

お客様にもとても人気のコンサートで、
有難いことに、もう残席が僅かになっております。
要予約のコンサートですが、お申込みは大至急!!お願いします。

オペレッタ座
tel.070-5079-1953  fax.042-461-8437
mail: liebeoperetta@yahoo.co.jp 

ふと気づいたら、もう6月もわずか数日を残すだけ・・・・( ̄^ ̄)ゞ
ということは、7月が始まります。
この7月は6月よりも、熱い7月になりそうです。

7月にはまたまた数回コンサートがありますが、
すべては、タイトルのコンサートに、関係しているコンサートなので、
日程としては、一番最後ではありますが、
このコンサートのお知らせを最初にしたいと思います。

このコンサートは、毎年恒例の、しかも主催が 東京二期会 となっています。

東京二期会は、オペラの団体ですが、
オペラ公演するだけでなく、12の研究団体があり、各分野の研究や研究成果の発表(コンサート)をするなどして
活動しています。
私達も、オペレッタ研究会として活動していますし、
その他、イタリアオペラ・ロシア東欧オペラなどのようにオペラの研究している研究会や
日本歌曲、ドイツ歌曲、フランス歌曲などのように歌曲を研究している研究会もあります。
その研究会が、順々にたすき掛けのように一日で演奏するという
なんとも贅沢なコンサートなのです。
一研究会、今年の持ち時間は20分、つまり15時半から開演して、
終演は19時半近く、、、なので、
確かに長-い一日ではありますが、
出入り自由なので、お好きな研究会だけみて、
あとは、近くの上野動物園で、パンダのシャンシャンみるもよし、
美術館にいくもよし、
美味しいものを食べるもよし、
もちろん、全研究会制覇!も大歓迎です♪

そして、私達オペレッタ研究会は、いつもこの駅伝コンサートではトップバッター!
コンサートを一気に盛り上げるという大役を任されています!!

今年の駅伝コンサートのテーマは、「祝い」
令和の元号になったことのお祝いです。
なのでオペレッタ研究会のテーマは、「祝おう!ウィーンのオペレッタはここから始まった」
ということで、
オペレッタを最初に作曲したオッフェンバックやスッペなどのフランスオペレッタを中心にプログラムを組んでいます。
振付は、川西清彦先生ですから、きっとまた素晴らしいステージをお届けできること間違いなしです!
ただ、まだ詳細は、ひ・み・つ♪
そのうち、稽古状況なども踏まえて、少しずつお知らせしていきますね。

チケットは、もうお求めになれます!!
東京文化会館小ホールで、総勢70名以上の出演者のコンサートなので
また嬉しいことに、この駅伝コンサートは、固定のお客様がどんどん増えてきている人気のコンサートなので
チケットのお求めはお早目に!
もちろん、私達オペレッタ研究会でもお取り扱いしています。
ご連絡お待ちしています!!

オペレッタ研究会
tel.070-5079-1953  fax.042-461-8437
mail: liebeoperetta@yahoo.co.jp 

駅伝ちらし縮小-1

駅伝ちらし縮小-2
2週間前にドレッシーコンサート、先週はアルテリーベ、とステージが続きましたが
実は、代表と副代表は、今週もステージを控えています。
代表は、御年〇〇歳(なんとか暦を超えている)のに、
あんなに高く足あげて、副代表をリフトして、踊りまくって、、、、まったくそのタフさには
メンバーですら感動してしまいます。(笑)

そして、今週のステージは、なんと!熊本です!!
明日 6/20木曜 開演 19時
人吉市カルチャーパレスというホールです。

「黒田晋也 おしゃべりコンサート」
というタイトルなので、
またまたお腹を抱えるほど笑わせてくれること、間違いなしです。
ピアノの榎本 潤さんもおしゃべり大好きなので、
たぶん、、、演奏することを忘れてしゃべり倒すかもしれません。(苦笑)
あぁ、、副代表、、、コントロールするの大変だろうなぁぁぁぁ。(溜息)

おしゃべりもありますが、
日本の歌から、世界の歌、そして私達がこよなく愛するオペレッタやウィーンもの
小さいお子さんからお年寄りまで楽しめる内容になっています。

黒田や小林が、熊本に訪れるのは、なかなかございません!
是非、熊本在住の方、もしくは熊本にお知り合いのいらっしゃる方はご連絡していただき、
皆様お誘いあわせのうえ、ご来場ください。

残念ながら、オペレッタ座ではチケットのお取り扱いがございません。

お問い合わせは
人吉労音  電話0966・22・2929
まで、お願い致します。

↓クリックしてね
人吉労音クラシックの会

ちなみに、黒田・小林は、当日朝に羽田を発ち、
その足で会場へ行き、
夜がコンサート
なんと、次の日には東京に帰るという強行軍です。。。
もし彼らを見かけたら 「がんばれー!」と声かけてあげてください(笑)

代表、副代表、Have a safe trip!!
アルテリーベ6月のオペレッタ座公演、無事終演しました!
今回もまたほぼ満席のお客様に支えて頂き、
出演者一同、とても幸せでした。
沢山のご声援と拍手、有難うございました!!

今回は、副代表 小林晴美の高校時代からの友人 大橋ゆりさんをゲストにお迎えしました。
大橋さんは、オペレッタやヴィーナーリートのレパートリーも多く、
だいぶ前から、代表達は今回のアルテリーベでのプログラムを練りに練っていました。

その結果!
第1ステージと第3ステージは、シュトルツを中心に
そして、なんと第2ステージでは、「チャルダッシュの女王」からメドレー
という何とも贅沢なプログラムになりました♪

当日の様子を、写真とともに少しだけお伝えします。
第1ステージ 〇十年のお友達と同じステージに立ち、
ずっとハイテンションな副代表(笑)
photo1.jpg
(左から 副代表、大橋さん、代表)

オペレッタ座メンバーとして、赤澤 舞、原 彩夏、新人の福島明日香 も
頑張りました!
photo2.jpg
(左から、赤澤、原、福島)

そして、第2ステージ。「チャルダッシュの女王」メドレーです。
最初は、いつもダイナミックな中に華麗なる音色を紡ぎだすピアノ 山中聡子が序曲を。
photo3.jpg

シルヴァは、大橋さんと副代表が二人で担当しました。
photo4.jpg

そして、代表は、エドウィンとボニー の二役!
こちらは、シルヴァの大橋さんと代表のエドウィン
photo5.jpg
ぶれててごめんなさい。。。。

そして、振付師 川西先生も「日本一のボニー」と称賛した代表のボニー。
最初に演じてから〇十年たってますが、代表のボニーはいつまでたっても色褪せません!!
今回は、エドウィンとの演じ分けのため、シルクハットをかぶっているのがポイント。
photo6.jpg

そして、副代表も二役、スタージも演じました。
スタージは、若い娘ということで、ポニーテール?になりました。
photo7.jpg

最後は、三人で「ヨイママ」を熱唱。
替え歌もやりましたよー。
って、、、写真がなくてごめんなさい。。。

というわけで。
先週金曜の疲れを微塵にも感じさせない、
素敵な、でも熱い夜となりました。

さて、次回のアルテリーベ公演は、7/25(木)。
なんと、この2日後に「二期会研究会駅伝コンサート」があります!
ですから、駅伝コンサートに出演するメンバー全員で、アルテリーベを占拠します。(笑)
総勢11名、、、、ステージにおさまりきるか、若干不安ですが。苦笑

詳細は、追ってまたこちらでご案内致します。
どうぞ、お楽しみに♪

























 | Copyright © ★オペレッタ座★ All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ