TOPへ
オペレッタ座
ようこそ ★オペレッタ座★の世界へ オペレッタそれは喜歌劇
笑いあり涙あり踊りありのエンターティメントショー
心に残る美しいメロディーを生の声でお届けします。
さぁあなたもオペレッタの世界へ!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

omote.jpg

ura.jpg

スポンサーサイト
             ★★★ 《オペレッタ講習会》 ★★★
     選曲、歌唱法、伴奏法を歌手、ピアニスト、指揮者がアドバイスいたします。
               主催:二期会オペレッタ研究会

 このオペレッタ講習会の目的はより広くオペレッタを知っていただく事です。
曲の紹介、ヴィーナーワルツの捉え方、リズム、テンポ、言葉の扱い、更にダンスからお芝居までオペレッタを歌う為の基礎的な事をレッスンいたします。
声楽家として活動している方、アマチュアとして声楽を習っている方、オペレッタに興味をお持ちの方、是非ご参加ください。

 コンサートサロン「木もれび」での講習会は、特にピアニストにお薦めです。同じ三拍子と言ってもJ.シュトラウス、レハール、カールマンではその様式感が違います。音楽の骨格を作るのはピアニストです。その他、伴奏についても丁寧に指導します。

                    《講 師》
☆東京・千葉・茨城
黒田晋也(声楽家)、西 義一(声楽家)、小林晴美(声楽家)、榎本 潤(ピアニスト)
山中聡子(ピアニスト)、金井 信(ピアニスト)
☆大阪・名古屋
牧村邦彦(指揮者)、三谷結子(声楽家)、山中聡子(ピアニスト)

                   《会場・日時》   
〈関東地区〉   
★東京二期会 第3スタジオ(千駄ヶ谷) 
      ①4/29(土・祝)13:00~17:00 
       ②5/28(日)11:00~17:00
       ③6/25(日)11:00~17:00  
       ④7/9(日)11:00~17:00        
      ⑤8/13(日)11:00~17:00   
       ⑥8/26(土)11:00~17:00
★ヴィーナーシュトゥーべ(西東京市 田無) 
       ①6/4(日)13:00~17:00   
        ②7/29(土)13:00~17:00 
       ③9/3(日)13:00~17:00         
★コンサートサロン「木もれび」(千葉市・稲毛) 
        7/15(土)11:00~17:00
★ヴィーナークノスペ(国分寺市) 
       ①7/30(日)13:00~17:00  
        ②8/20(日)13:00~17:00   

〈名古屋〉
★スタジオFiorire(名古屋市中村区) 
        8/12(土)13:30~16:30

 すべて1人40分の公開レッスン
      ※申込締切は講習会当日の2日前まで、聴講は当日申込でも可能です。
 受講料:歌・ピアノ各5,000円 聴講料:3,000円

《お申し込み方法》   
オペレッタ講習会に申し込まれる方は、講習会申込書に必要事項を記入の上、FAXかEメールでお願いします。
詳しい日程は申込締切後にお知らせします。
講習会申込書は下記よりダウンロードすることもできます。

☆オペレッタ講習会に関するお問い合わせ・お申し込み
〈関東地区〉
オペレッタ座 〒150-0042 渋谷区宇田川町12-3 ニュー渋谷コーポラス701
㈱ファザーズコーポレーション内
TEL : 070-5079-1953  FAX : 042-461-8437 E-mail =liebeoperetta@yahoo.co.jp 
URL =http://liebeoperetta.org
〈名古屋〉
090-8559-4114 wienoperetta@gmail.com
第5回 ウィーンオペレッタコンクール後記

 1月21日 Hakuju Hallにて、第5回ウィーンオペレッタコンクール入賞者及び入選者発表コンサートを行いました。
とても寒い日で雪の予報もあったのですが無事に終える事が出来ました。
毎年このコンクールを広く告知し、参加して頂く為の色々な企画をするのですが、中々思う様にはいきません。
しかし今回初めて大阪予選を行い、大きな成果を上げました。神戸魂と浪花力が今回のコンサートを盛り上げてくれたのです。
お一人の方は体調を崩されておりましたが一曲でも歌うというど根性を発揮し、見事「フリデリケ」を歌い上げました。
浪花力は堂々とカールマンを歌い踊り上げました。

上位入賞者は流石、華やかに歌い踊り会場を沸かせてくれました。
そして、もうひとつの特筆すべきは、連続出場なさっているアマチュア部門の男性の方々です。
毎年々腕を上げお年を感じさせない歌いっぷりです。
やはりオペレッタは“好きこそ物の上手なれ“の言葉があてはまるジャンルなのですね。

今年は6回目を迎えますが、またどんな歌を聴かせて頂けるか本当に楽しみです。

今、世の中が動こうとしております。
過去ヨーロッパは、ヨハン・シュトラウスが1899年に亡くなりそして20世紀を迎えた時、レハールが登場!
新たなるオペレッタの時代を創り出しました。日本もひょっとするとそのチャンスが来るかも知れません。
今年こそ、素晴らしいオペレッタが全国で上演されお客様がその魅力にとらわれた時、オペレッタブームが再来するのではないでしょうか。
今年は浅草オペラ・オペレッタ誕生100年にあたります。
その意味でも今年のオペレッタコンクール、新しい企画を考えなければなりません。
どうぞ乞うご期待を!!

<プロフェッショナル部門の出演者>
IMG_1115.jpg

出演者の皆様、そして足をお運び下さったお客様、本当にありがとうございました。

 | Copyright © ★オペレッタ座★ All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。